アコム・プロミス・モビットなどのおまとめローン

過去の延滞は影響が大きい

おまとめローンを申し込む時過去に延滞をしていた場合は審査に影響が出る事があります。 ほんの少しと思っていても必ず信用情報機関に記録されるからです。

ほんの少しでも返済が遅れた場合でも返済遅延記録、3ヶ月以上の返済が遅れた場合は延滞記録が登録されます。金融会社はローンの申込があれば過去に事故情報がないかを必ず信用情報機関に問い合わせるので、延滞の事実は金融機関に知られることとなるのです。

返済遅延記録は2年間、延滞記録は5年間登録されます。

銀行は特に審査が厳しいので、記録が残っている期間は審査に通るのが難しくなります。記録が残っている間でも銀行よりも審査がゆるい信販系や消費者金融などでは借り入れが出来る場合もあります。

延滞からある程度年数が経過しており、収入や勤続年数などに問題がなけれ審査に通りやすくなります。

延滞が何故それ程審査に影響を与えるかというと、一度延滞した人はまた延滞する可能性が高いことがあげられます。金融会社にとって最も貸したくない相手はお金を返済しない人間なのです。

またどこでも通るところを見つけようと一度に多くの金融会社に申し込むと、その情報も金融会社間で共有されるので審査に通らなくなります。延滞が過去にあった人は特に注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です